出撃で経験値・艦娘・資材をゲット

出撃とは

出撃は艦これをプレイするうえで欠かせない基本機能の一つである。
艦これの目的は出撃にあると言ってもいいだろう。
出撃によりボス戦で勝利をおさめ、新たな海域を開拓していくのがこのゲームの根幹をなす遊び方である。
それでは、基本的な操作法や必要な知識について書いていこう。

 

トップ画面の「出撃」を押し、再び表示された「出撃」を押すと出撃海域の選択ができる。
最初は「鎮守府正面海域」にしか出撃できないが、ボス戦で勝利を収めることで次の海域が解放されるようになっている。
海域を選択し「決定」を押すと、出撃させる艦隊の総合力がグラフで表示され、「出撃開始!!」を押すことで出撃が開始される。
第2艦隊以降が解放されている提督は中央上の数字を選択することで、出撃させる艦隊を選択できる。
出撃が始まると、すぐに戦闘になる場合もあれば、最初に羅針盤が表示されることもある。
羅針盤が出たら、画面を一度クリックすることで次の進路が決定されるが、基本的に行きたい方向を選ぶことはできない。
海域によっては編成内容が進路に影響することもあるので、そういった場所ではある程度進路の制御が可能だ。
さて、いよいよ戦闘がはじまる。
4隻以上で構成された艦隊であれば、陣形選択の画面が表示され、戦闘時の陣形を選ぶことができる(各陣形の効果については諸説あるので各自で調べてみてほしい)。
そして戦闘が始まると、実のところ提督はやることがない。
艦娘たちが戦っているのを眺めているだけでよい、というよりむしろ眺めている事しかできない。
戦闘が終わった時に、まだ生き残っている敵がいれば「離脱判定」に移り、夜戦で追撃するかどうかを問われる。
戦闘が完全に終われば、勝利判定の画面が現れ、勝敗と各艦娘が得た経験値が表示される。
場合によってはこの後新しい艦娘をゲットできることもある。
それらのシークエンスが終わると「進撃」か「撤退」かを選択することになる。
実質的な作業としては「陣形選択」「夜戦突入の判断」「進撃の判断」「羅針盤をクリックする」の4つだけだ。

 

操作法が分かったところで、次はそれぞれの注意点を書いていこう。
まず夜戦だが、夜戦を行うという事はその分余計に資材を消費するという事なので、どうしても勝ちたい戦闘以外ではむやみに夜戦はしない方がいいというのが筆者の意見だ。
また、夜戦では艦載機が使えないため、空母が多い編成だと単に敵からダメージを受けるだけになってしまう。
さらに、潜水艦は夜戦によって回避率が大幅にアップするので、敵艦隊に潜水艦が多い場合も夜戦はお勧めできない。
逆に、艦種や装備によっては夜戦の方が有利な場合もあるので、各自で研究するとよいだろう。
なお、艦種にかかわらず、大破していると夜戦では攻撃できないので、これも注意が必要である。

 

次に進撃の判断だが、ある意味これがもっとも重要な操作になる。
というのも艦これには「轟沈」というものがあり、手持ちの艦娘が轟沈してしまうとその艦娘は二度と帰ってこないのである。
もちろん同じ艦種をもういちど手に入れることは可能だが、その場合またレベル1から育てなおさねばならない。
轟沈時に装備していたアイテムなどもそのまま失われてしまう。
進撃の判断は、この轟沈と深くかかわっているために極めて慎重に行わなければならないのだ。
具体的に言うと、一隻でも大破している艦娘がいる場合は決して進撃してはならない。
大破状態で次の戦闘に入ると、その艦娘は轟沈してしまう可能性があるからだ。
そのため、提督は戦闘終了時に大破している艦がないか入念に確認してから進撃の判断を行ってもらいたい。
逆に言えば、これさえ怠らなければ艦娘が轟沈することはほぼないと言っていい。
また、装備させることで一度の轟沈を回避してくれるアイテム(いわゆるダメコン)も存在するので、どうしても大破状態で進撃したければ事前にそれらを装備させておくといいだろう。

 

出撃の基礎知識は以上である。
海域によっては「ボスゲージ」が存在し、敵の旗艦を複数回轟沈させなければクリアできないことがあるのでこちらも頭に入れておくとよいだろう。
なお、進撃の判断は上級者でもうっかり間違えて大事な艦娘を失ってしまうケースが多々あるので、本当に慎重にやってほしい。