入渠で艦娘のダメージを回復させる方法

入渠は艦これをプレイするうえで欠かせない基本機能の一つである。
主な目的は戦闘で傷ついた艦娘のダメージを回復させることで、ダメージに応じた燃料・鋼材などの資材と数分~数時間にわたる入渠時間が必要となる。
では、入渠の具体的な使い方と活用方法について詳しく述べていこう。

 

まず、基本操作について。トップ画面などにある「入渠」のボタンを押すと入渠ドッグ(デフォルトでは2つまで解放されている)が現れる。
空いているドッグには「empty」という文字が出ているので、ここをクリックすると手持ちの艦娘がダメージを受けている順に表示される。
ここから回復させたい艦を選ぶと修復にかかる時間と、必要な資材数が表示されるので、問題がなければ「入渠開始!!」をクリックする。
なお、このとき「高速修復」を「使用する」にすると既定の修復時間を経ることなく一瞬で回復させることができる。
ただし、高速修復にはいわゆる「高速修復剤」が必要なので、これが無くなると高速修復はできない。
「入渠開始!!」をクリックすると確認画面に移り、先ほど表示された使用資材や修復時間が再び表示される。
ここで「はい」をクリックすればいよいよ修復の開始だ。ちなみに「いいえ」をクリックすると再び艦娘の選択画面に戻る。
修復が始まると左に修復している艦娘のアイコンが表示され、右に修復終了までの残り時間が表示される(高速修復では00:00:00)。
なお、通常修復であっても右端の「高速修復」をクリックすることで途中から高速修復させることができる。基本的な操作方法はこんなところだ。

 

では、基本がわかったところで次はこの機能をどう使うのが効果的なのかを考えていこう。

 

まず、高速修復について。基本的に高速修復を使えばどんな艦でも一瞬で回復させることができるのだが、手当たり次第に使ってしまうと高速修復剤がすぐになくなってしまう。
筆者の場合、1時間半程度の修復時間なら極力高速修復を使わないようにしている。
また、修復時間はレベルの高い艦娘ほど長くなる傾向があるので、強い艦を何度も過酷な戦闘に出すと、やはり高速修復剤が枯渇してしまう。
とりわけ、戦艦や空母は修復時間が20時間を超えてしまう事がよくあるので、高速修復を使わざるを得ないことが多い。
こまめに任務や遠征をこなしたり、海域によって軽巡や駆逐をバランスよく出撃させることで高速修復剤を貯めておくとよいだろう。

 

次に、ドックの使い方について。通常、初期状態で同時に使えるドックは2つまでで、課金アイテムを使うことで最大4つまで増やすことができる。
当然課金でドックを最大数使えるようにすれば修復効率は向上するのだが、なるべく無料でプレイしたい方も多いだろう。
というわけで、ここではデフォルトで使える2つのドックを効率よく使うための方法を考えていこう。
先ほど筆者は「1時間半程度の修復なら高速修復を使わない」と書いたと思うが、2つのドック両方に修復が1時間を超える艦娘が入渠していると、その間他の艦娘が修復できず非常に効率が悪くなる。
そこでお勧めしたいのが、修復時間によってどのドックを使うか役割分担をすることだ。
例えば、上のドックは高速修復か修復時間30分未満の艦娘用にして、下のドックは30分~1時間半程度の修復用にする。
そうすると、高速修復剤を節約しつつ、効率よく艦娘の修理を進めることができる。

 

以上が入渠の基本的な使い方と攻略方法である。肝になるのは高速修復とドックの使い分けで、この二つを効果的に使う事が出来れば、より良い鎮守府運営ができることだろう。
ここで書いた例を参考に、各自のスタイルに合った使い方を見つけてほしい。