演習のやり方

演習とは

演習は艦これの基本機能の一つである。
主な目的は、他提督との模擬的な戦闘を行うことでより多くの経験値を得ることだ。
それでは、その基本的な使い方を見ていこう。

 

トップ画面から「出撃」をクリックすると真ん中に「演習」が現れるので、それを押すと演習相手の選択画面に移る。
基本的な操作は通常の出撃とさして変わらない。演習相手を選び、出撃艦隊を選択し、戦闘後に夜戦突入を判断する。
決定的な違いは「轟沈」がないことと、演習終了時にダメージがなかったことにされる点だ。
そのため、耐久が残り1になると実質撃破されたとみなされ、行動不能になると同時に敵艦からの攻撃対象からも外される。
また、演習は出撃と違って疲労がたまりにくくなっているので、同じ艦隊を連続で演習に出してもほとんど疲労しない。
対戦相手は毎日午前3時と午後3時に更新され、一度に対戦できる相手は5人までだ。
一度たたかった相手とは再戦できないので、一日にできる演習は10回までとなる。
対戦相手のレベルは自分よりランキングが少し上の4人と上位1000名のなかから一人選ばれるようだ。
なお、演習でも資材は通常どおり消費するので、補給には気を付けていただきたい。

 

基本がわかったところで、演習の効果的な使い方を考えて見よう。
上で述べたように、演習相手は基本的に自分よりランキングが上の提督なので、とくに初心者のうちは勝利を収めるのが難しい。
はじめは敗北ばかり続くこともあるだろう。だが、「演習は勝てなければ意味がないのか?」といえば答えはノーだ。
勝利できなかった場合でも、相手が強ければ強いほど多くの経験値がもらえる上に、戦闘後の入渠の必要もなく、轟沈のリスクもない。
回数は限られているが、レベル上げの手段として演習は最適なのだ。
なので、勝ち負けにはこだわらずとにかく演習に挑戦することが強い艦隊を作るための一歩になる。

 

以上、演習についてまとめてみた。初めのうちは対戦相手に勝つのは難しいかもしれないが、とにかく演習はしないよりはした方がいい。
積極的に活用して、是非とも強い艦隊を作って頂きたい。